2018年02月13日

普通の母娘に一生なれない


宗教を毛嫌いする人、抵抗がある人が多いのは
過去に大きな事件を起こした団体があったり
しつこい勧誘を経験している人が多いからだという。

たしかにそれもあるかもしれないけれど
あくまでそれは
表向きの口に出しやすい理由
なだけで本当は
大切な自分という存在を意図も簡単に否定してくるから
という理由もあるんじゃないだろうか。

d48f0c50a0ce53cd91f1b3f96cff5945_s.jpg

母は私に言った
「つまみちゃんは、何かを始めようとする時、悪い方向にいきやすい
それは因縁だ
ママが頑張るからね、つまみちゃんの分まで教えを頑張るから」

これは・・・なんなんだろう
愛情なのか
これを言われて私はどんな思いを抱けばいいんだろう
どんな思いが正解なんだろう

私が何かを始めようとする度に、何かを始める度に、
母は私にそんな感情を持っていた。

私は自分ではそんな風には思っていなかったのに。
今だって、何かを始める度に悪い方向にいくなぁ、なんて
これっぽっちも思っていないのに。

私の、私だけの、人生を
こんなにも容易く否定される

「因縁」とかいうものを例え私が受けていようとも
そんなことは生きている私達が存在を証明することなんてできないじゃないか

生きている私達には
目に見えるものしか見えない

目に見えないものはたしかなものかわからないから
不安になるものじゃないのか

愛とか友情とか信頼とか確信とかそういうものは。

それをなぜそんなにも自信満々に、さも目に見えるもののように信じることができるのか。

その上で私の人生を否定し、意図も簡単に私を傷付けることができるのか。

そんなことに気付くこともできないような人間になってしまうから
大切な誰かの心を奪われてしまったから
だからこそ宗教を毛嫌いする日本人が多いのではないか。


90d51694df5a8339ed56322db236fa02_s.jpg

私は母の心を奪われたと思っている
娘だから母に、たった1人の母に、あなたに、
相談や話をしたいと思っても
母は私の言葉を受け止めない
私と教祖様の橋渡しの役割をすることが
どんな悩みにおいても最善だと考えているから

そう考えることが当たり前だから
何の疑問も持たず
「娘をどうか救ってください」と今日も祈る

祈り続けている限り私は母とは向き合うことができない
母娘の話し合いよりも
教祖様からの全面的なバックアップの方がよほど強い力だと考えているから
そう信じて疑っていないことに気付くこともできないから

そして信者は
大切なことを1人で決めることが不安になる

学校を決めること
就職先を決めること
住む場所を決めること
結婚相手を決めること

そんな「決める」ことが「見えない力からのお墨付き」がないとできなくなる

自分で聞く耳を奪われる
自分で考える心を奪われる
それに気付かない

実際にこれらの文章を読んだとしても
こう考える人がいるんだな
いつかこの人も私たちの信じるものがわかればいいな
と願う

じゃあ自分は?
自分自身という人間はどう思うの?
そんな疑問は持てない、持つことが出来なくなっている

持った途端に何十年と信じ続けてきたものを
疑うことになり
「決める」ことのできなくなっている自分に気付いてしまう

何十年も生きていれば良い事、奇跡的な出来事なんかも起きるかもしれない
しかし彼らにとってのそれはただの「お力」であり
果てようとしていた命の吹き返しさえも
教祖様のおかげと信じて疑わない

だからこそズブズブ依存していることに気付けない

同じような人の中にいれば尚更
異常なことに気付けない

326cacbf9edde1b2a6d7ba58f6d58eaf_s.jpg

何を言ってもどんな言葉も
彼らには届かない
絶対に届かない

そして絶対に心を動かさない
教祖様の言葉以上の本当に正しい言葉なんて
どんなに大切な人の口からも出ないから

辛いこと、悲しいことがあっても修行だと思い粛々とこなせる
そんな目がキラキラしている様がゾッとする

目に見えないものも存在するかもしれない
目に見えない力が働いているからこその今かもしれない

そんなこと、知ろうとするほどにお金がかかるのが宗教

母は今の宗教がなければもっと弱い人間だったかもしれない
それでも
弱くちゃいけないのだろうか

弱いけどもがいて苦しんでそれでも必死に道を見つける。
そうやって生きている人を意図も簡単に「因縁のせいだ」と言って全てを否定する

そんな人間になりたいと私は思えないの。
ママがどんなに私に宗教の道を歩んでほしいと願おうと
私はママみたいになりたくないの。

本当はなりたいって言いたいの。
だいすきなママを心の底から大切に思いたいの。
それでも目をギラギラさせながら宗教のことを話すあなたには
ゾッとしてしまうの。

母親なのに、子どもなのに、
頼りたいのは教祖じゃない
あなたなの。

普通の母娘になりたいだけなの。
それをこんなにも難しいものにさせているのは
なんだかわかるかな

マインドコントロールとどう違うんだろう。

fdcc02d63076ac3eb2d67aa801450382_s.jpg

ここまでお読みいただきまして
誠にありがとうございます

母の宗教についてのこんな記事もございます

宗教の狂気

人を救うのは有料

全ての記事をまとめた目次もございます

☆目次☆

応援したいよ!
というありがたき天使のようなお方がいらっしゃいましたら
下の2つのバナーをクリックいただけますと
大きな大きな励みになります
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村


うつ病ランキング

1日1回までクリックできます

全ての方に当てはまるわけではありませんが、
少しでも、ほんの少しでも
あなた様のお役に立ちますように

読んでくださり
本当に本当に、ありがとうございました。
ラベル:宗教
【関連する記事】
posted by つまみ at 15:33| Comment(0) | 宗教について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください