2018年06月05日


男性教師が女子生徒の肩をぽんっと叩き言いました。
「嫌だと感じますか?」

女子生徒は言いました。
「いいえ。」

男性教師は言いました。
「ではこれが毎朝続いたらどうですか?」
「毎朝僕が、おはよう、と挨拶する度にぽんっと肩を叩く」
「それが毎朝続いたら。」

女子生徒は言いました。
「いつか嫌だと感じる時が来るかもしれません」

男性教師は言いました。
「それがアレルギーの初期反応です

fdaab1bb270f2f663648517dcaaa8530_s[1].jpg

美容専門学校に通っていた時、
人体や病気などのことに関する授業がありました

その時のアレルギー反応の説明が印象に残り、
わかりやすかったので載せてみました

花粉症なんかだと特にそうですよね、
最初はなんともなかったのに急に鼻水が出る、涙が止まらない、
といった症状が出る。

これってまさに冒頭に書かせていただいたようなことが
体内で起きているんじゃないかと思うのです

最初は何も感じなかった花粉に対し、
日々吸っている内に
「ん、これは、なんだか嫌かもしれないぞ・・・」

そんな風に身体が反応するのかなと

そしてうつ病原因に対しても同じことが言えるのではないかと思いました。

もちろん原因は人それぞれ違いますし、
明確な原因がわからない方だっているかもしれません。
当てはまらないよ!という方もいるでしょう。

あくまで私個人の見解をお話させてくださいね

04e7c271de0f9a7847ebe6ef73a77c20_s[1].jpg

うつ病になったことに何か思い当たる原因があるのだとしたら、
最初からその原因を嫌だと思っていたとは限らないのではないでしょうか。


私のうつ病の原因はおそらく前職の美容外科の受付のお仕事です。
きついお客様が多かったこと、
女性ばかりの職場で気を遣いすぎてしまったこと
リーダー役職に選ばれ、頑張り過ぎてしまったこと

大きな原因はこの3つかなと思っています。

たったこれだけの出来事が原因で
私のうつ病は始まります。


そしてこれらの出来事、
全てにおいて、最初は嫌だと思っていませんでした。

冒頭のアレルギー反応のお話で置き換えると
「肩に手を置かれても嫌だと思っていない」のと同じ状態です。

そしての状態に加え、
ある日からも加わるようになります。

それでも私は嫌というよりは
むしろ嬉しく、充実感に満ち溢れていたりもしました。

ですが異変は突然起こります

私の場合は
楽しみという感情が起こらない
というのが最初の症状だったように思います。

冒頭のアレルギー反応のお話に置き換えると
「いつか嫌だと感じる時がくる」その時が実際にきた
というかんじです。

花粉症だとしたらある日急に鼻水が出るようになった、
その「ある日」が来たときかんじですかね^^

896a6f9874053c6b8952428eb6759517_s[1].jpg

そこからはもう怒涛の勢いで訳も分からずいろいろな症状に襲われました。
無気力、涙が止まらない、足音がこわい、上司が家に来る妄想、発狂、徘徊などなど

「なんだか嫌かもしれない」
そんな風に身体、もしくは脳が判断し、必死に拒否反応を示しているようでした。

あの場所へは行きたくない
それを全身で訴えかけるかのようでした。

訴えかけられた私は困りました。
なぜ困ったかというと
お仕事を辞めたくなかったからです。

リーダーに選ばれたいと思っていたのです、
そしてついに選ばれたのです。

ここで辞めたくなんかない。
その一心で休職期間を何度も延長しました。

しかし、行けないのです。
行きたい気持ちはあるはずなのに、
行けないと辞めることになってしまうのに。

今考えるとばかばかしいです、だって
健康を犠牲にしてまで仕事がしたいなんて本末転倒じゃあないですか

生きていくために、お金を稼ぐためにお仕事をしていたはずなのに、
しにたい自分になってまで居続けたい場所なんて地獄くらいではないでしょうか。

花粉症を自覚しながらも「花粉を浴びたい」と言っているようなものです。
これでは身体が拒否反応を起こして当然です

掲げた夢、目指す目標、見つけた居場所、たしかな地位
そんなことよりも大切なのはなんでしょう。
健康です。
そして自分自身です。

99455af9c4626e904f89f8ad98ec6f07_s[1].jpg

自分自身の気付かないことは身体が教えてくれることもありますが(アレルギーが良い例です)、
もうその時には引き返せなくなっている時もあるかもしれません。

自分を大切にするのは簡単ではないかもしれません、
しかし周りを見たら自分よりも自分を大切に思ってくれる存在がいるかもしれません。

「最近忙しすぎない?」
「無理してない?」
「休んだ方がいいんじゃない?」

そんな言葉も聞き流してしまいがちですが、
立ち止まって見つめ直す機会だと思って「今の自分の状態」と向き合ってみるのも良いのではないでしょうか。

人の心配に答えてあげるのも優しさのひとつだと思います

身体の声が聞こえてからでは遅いんです。

私のようになってしまう人が少しでもいなくなればなぁなんて思ったりもしているので
読んでいただけただけでもたいへんありがたいですが、
すこしでも何か伝わるものがあったならますます嬉しく思います

そして応援クリックいただけますと励みにさせていただきますので
よろしければお願い致します

いつもクリックいただいている方、本当にありがとうございます

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村


うつ病ランキング


ここまでお読みいただきまして、誠にありがとうございます。

私自身のうつ病について書かせていただいたこんな記事もございます

私がうつちゃんになった理由①

原因について書かせていただいたこんな記事もございます

うつちゃんの原因

コメント大歓迎ですので
お気軽にどうぞ

コメントについて☆

全ての記事をまとめた目次もございます

☆目次☆

全ての方に当てはまるわけではありませんが、
少しでも、ほんの少しでも
あなた様のお役に立ちますように

読んでくださり
本当に本当に、ありがとうございました。



ラベル:うつ 原因
posted by つまみ at 21:24| Comment(0) | うつ病について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。