2018年09月13日

助けたい人がいる人に「してほしいこと」


平成最後の夏が終わりました。
皆様いかがお過ごしでしたでしょうかどうもこんにちは

我が家の愛亀ちょこさんは少し大きくなり、
ゲージの柵に手が届くようになりました

IMG_0935.JPG

ドヤ顔のカメラ目線です

私自身はいろいろなことに対して
気力があったりなかったりして

背負うものが少ない今の状況を退屈に感じたり、
逆に何もかもに悲観的になったり、
良くも悪くも安定しません。

よくうつちゃんの言う「安定しない」とはどういう状態なのか
考えてみました

あくまで私の場合ですが、段階があるように思います。
ざっくりこんなかんじでしょうか



、死に関することが頭の中を埋め尽くし、気力どうこう以前の問題

、やりたいことなんて何もなく、ただ無気力でしかいられない

、やりたいことはいくつかあるけれど、ただなんとなくできない

、気力があり、「やりたいこと」ならできる

、気力があり、「やっておいた方がいいこと」にも手を付けられる

、気力があり、「やらなきゃいけないこと」もできる




770564233f6278fa496217c5dd08394f_s[1].jpg

ここ1週間くらいでいうと私の場合は
を行ったり来たりしているかんじです。

愛亀ちょこさんのご飯を用意することはできるけれど、
自分自身のご飯を作ることはできない。

お風呂に入ることはできるけれど、
洗い物や洗濯物はできない。

友だち同士の集まりには行けないけれど、
旦那ちゃんを駅まで迎えに行くことはできる。

精神疾患などがない方からしたら
「どうして?」と思われるかもしれません。


あれはできるのにどうしてこれはできないの?
この前できていたからできるんじゃないの?
やりたいことしかやらないなんてずるい。

いろいろ思われるかもしれません。

どうしてかと言われると、
「うつ病だから」という答えになります。

「うつ病だから」を少し紐解いてみますと、
うつ病という病気の症状の1つに
気力が湧かない、というものがあります。

どうして気力が湧かないのかというと、
脳の伝達物質に異常を来しているからです。

「うつ病」は「心の風邪」
なんて表現されることがありますが、
実際にはそんな曖昧なものではなく、
しっかりと身体に異常が出ます。

その異常の1つが「気力が湧かない」というものになります。

ですから正直、
「どうして?」なんて愚問です。


629171c9d9ff84dce1fa61b29c7e4b6e_s[1].jpg

愚問というのは言い過ぎました

私の周りには優しい人ばかりで、
喜ばしいことに私を助けたいと言ってくれる人がいます。

なにかあったら話して
辛くなったら言って

そんな風に頼らせてもらえる存在があります。

この記事を読んでくださっている方の中にも、
誰か大切な人を助けたいという想いをお持ちの方もいらっしゃるかと思います。

私自身も、もし私が健康で誰か大切な人がうつ病だったなら、
迷わず助けたい、自分にできることがあったら教えてほしい、
そんな風に思うと思います。

そんな方が先述した「どうして?」を発してしまうのはやっぱり愚問だと思うのです。

愚問とはなんてこと言うんだこら
わからないんだから仕方ないだろう


なんて思われた方、
ちょっと私の話を聞いて下さいすみません

まず「助けたい」なら「知る」ことから始めるのがいいのかな
と私は思うのです。

そしてその大前提として「知らないということを知ること」も大切です。
(以前に書かせて頂いたこんな記事もございます
無知の知】)

助けたいと言った人が先述した「どうして?」を発することは、
こんな有名な症状の1つも知らずに「助けたい」と思ったこと、
ましてや「力になれるかもしれない」と思ったこと、
それはうつ病に対する認識が甘すぎると思います。

話を聞けば気分が楽になると思っていませんか。

数回話したくらいで
脳内の伝達物質がどうにかなるでしょうか。
なりませんよね。

病人という意識をしっかり持って考えてみてはどうでしょうか。
そうしたらまず「してあげられること」はなんでしょうか。

病気について調べることではないでしょうか。

情報は今やそこら中に転がっています。
インターネットや本、うつ病を題材にした映画すらあります。

知った上で接してみると
何気ない一言の意味が理解できたり、
行動の理由がわかったりすると思います。

話を聞いてくれるのも、側にいてくれるのも、
本当に本当にありがたいことだと私は周りの人に対して感じています。

しかし残念ながら、
優しさだけで解決することではないのです。

元気がない人に何をしてあげよう、
自分だったらどうしてもらうのが嬉しいだろう、

そう考えるのも立派な優しさであり、善意であるのは確かです。
でも、そうじゃないことを認識してあげるといいんだと思います。

救いたいと思っているのは病人なんだ、
と考えると優しさも善意も弱い気がしませんか。

まずは知識だと思いませんか。

少しでも知識を持った上で
必要な優しさはどんなものなのか、
どんな善意なら元気に近付く手助けができるのか、
考えてみるときっといいんだと思います。

「話を聞く」
「力になる」

そんなことは誰にでも言えますから。
口で言うのはすごく簡単ですから。

しかし勉強して知識を身に付けるというのは
簡単ではなく、手間も時間もかかります。

それを誰かのためにできるのか、
「やってみよう」と思える方はきっと
大切な人の力になれる本当に優しい人なんだろうなと思います


でも、ここまでこの文章を読んでくださっているだけでも
誰かのことを大切に想っているからなのかなぁなんて私は思います

bb680f85b5d6a753648d6172e60dc6b7_s[1].jpg

最後まで読んでくださり、
ありがとうございました。

応援したいよ!
というありがたき天使のようなお方がいらっしゃいましたら
下の2つのバナーをクリックいただけますと
大きな大きな励みになります
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村


うつ病ランキング

1日1回までクリックできます

全ての記事をまとめた目次もございます

☆目次☆

全ての方に当てはまるわけではありませんが、
少しでも、ほんの少しでも
あなた様のお役に立ちますように

読んでくださり
本当に本当に、ありがとうございました。


ラベル:うつ
posted by つまみ at 19:21| Comment(0) | うつ病について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月17日

発見された2歳児、都合の悪い真実


行方不明の2歳児が発見されたニュース、
連日報道されていますね


見つかったと知って胸をなでおろしました

見ず知らずの子どものことなのになんだか不思議ですよね^^

本当によかった・・・
と思っているのは私だけではないはずです

9f4ec17f1ed8f16280e4343dc37c130e_s[1].jpg

同時に、発見者であるボランティアの男性のことが連日取り上げられるようになりました。

この報道の仕方、私はとても不自然に思えました。
なんだか、
「どうして警察は見つけられなかったのか」
という疑問から目を背けさせようとしているように見えます。


見当違いの場所を探していたのではないか
1人の一般人が見つけられて、どうして何十人もいた警察は見つけられなかったのか

そんな批判を忘れさせるため、
そんな疑問を起こさせないため、
メディアが世間を操作しているのかなぁなんて思います。

突然ですが、
「出国税」をご存じですか

日本から出国する際に1000円の税金を支払わなければいけない、
というものです
2019年1月7日以降の出国に適用されます。

これって、結構重要というか、みんな知っていておかしくないような内容であると思いますし、
関係ある方が多いと思うのですが、なぜかテレビではあまり報道されていなかったように思います。

ではこの時期ニュースを騒がせていたもの、
出国税を知らせるよりも大切なニュースがあったのか、

この時期世間を騒がせ
連日取り上げられていた出来事はなんだったのか。

芸能人の不倫です。


6452ce5d405a42d024b376f07eeaa4c2_s[1].jpg

芸能人の不倫が異常に報道されていた時期、ありましたよね

出国する際に1000円かかるようになってしまうのか、
芸能人の誰が誰と不倫したのか、

私達が知りたいのはどちらでしょう。
そして私達に知られたくないのはどちらでしょう。


テレビのニュースしか見なければ、私達は簡単に操作されます。
意図も簡単に操作することができます。

知られたくないことは覆い隠せばいいだけです。

覆い隠された「都合の悪い真実」は
ぼーっとテレビを見ているだけでは見えません。

今は江戸時代でもなければ
「ホシガリマセンカツマデハ」と考えを強制するような時代でもありません。

たくさんの人がインターネットを通じて考えを発信でき、
検索すれば多くの考えに触れ受信することができます。

知ろうとすれば知ることができます。

「都合の悪い真実」こそが私達「世間」の知りたいことだったりするんだと思います。

ですから私は、今回の2歳児を発見したボランティアの男性がフューチャーされているのを見て
本当は何か隠したい出来事が起きているのかなぁ
なんて思っているわけでございます


e7cdb40118613e568480ecd55f46be90_s[1].jpg

私達は1人の人間である以上
1つの考えから抜け出せないこと、
そして抜け出せていないことにすら気付かないこと、
そのことに苦悩することがあると思います。

しかし他の誰かがそんな苦悩している自分を見て
何か別のことを言うかもしれません。

違う視点から見ているかもしれません。

本当は悩む必要なんてないことを教えてくれるかもしれません。

自分はわかっているつもりになっているけれど
実は見えていないたくさんのことがあるかもしれない。

誰も助けてくれない、
誰もわかってくれない、
そんな風に思ったことはありませんか。

私はあります。しょっちゅうあります。
つい一昨日くらいもそんなことを思っていたような気がします

しかしそれも1つの考えに捕らわれ過ぎているだけ、といえばそうなります。

「助けることができるかもしれない人」
「助けたいと思ってくれている人」

そんな人がいるかもしれないこと、
知ろうとしないと知ることができません。
見つけようとしないと見つからないかもしれません。

「1人」ではなく「独りよがり」かもしれない

少し視野を広げてみる、
そんな意味も含めると、誰かに相談する、話す、伝える、
ということにもっともっと大きな意味が見出せる気がしませんか

「苦しい」「辛い」「もう嫌だ」「しにたい」
「助けて」

誰かに伝えてみてはいかがでしょうか。

0f610009afa9d90dbf0e26ed7a8f581f_s[1].jpg

ここまでお読みいただきまして
誠にありがとうございます

応援したいよ!
というありがたき天使のようなお方がいらっしゃいましたら
下の2つのバナーをクリックいただけますと
大きな大きな励みになります
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村


うつ病ランキング

1日1回までクリックできます

コメント大歓迎ですので
お気軽にどうぞ

コメントについて☆

こんな記事もございますのでよろしければ併せてどうぞ

うつ病を伝える

全ての記事をまとめた目次もございます

☆目次☆

全ての方に当てはまるわけではありませんが、
少しでも、ほんの少しでも
あなた様のお役に立ちますように

読んでくださり
本当に本当に、ありがとうございました。

ラベル:うつ 伝える
posted by つまみ at 22:44| Comment(1) | うつ病について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月27日

1年の変化


記事を更新せず、ヶ月以上が経過してしまいましたが、
なんとか生きておりますお久しぶりですどうもこんにちは

そして本日で初めての記事を投稿してからなんと
年が経ちました

ブログを始めたことに関しては、ありがたいことに良いことしかありませんでした。

読んだよ!と言ってもらえたこと、
自分はこう思うよ!と意見をもらえたこと、
コメントをくださる方がいたこと、

何よりこのブログを見つけてくれたこと、
私を見つけてくれたこと

始めた当初はこんなに多くの方に見つけてもらえて、
読んでいただけるとは思いもしませんでした。

更新をしていない日でも訪れてくださる方がいること、
応援クリックをいただけること、

伝えきれない程に毎日嬉しく、本当に感謝の気持ちでいっぱいな私です

(応援クリックはのカメさんのバナーを2つクリックいただけますと嬉しいです

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村


うつ病ランキング

今読んでくださっている方、
本当に本当に、本当に
どうもありがとうございます。

いつもありがとうございます。
え、そんなに・・・?と思われる程に感謝させてください

見つけてくれて、ありがとう。

c18d1739ba462e15b506d1b3ce57ce70_s[1].jpg

中には、すごく辛い気持ちの中にいる方もいらっしゃるかもしれません。
ふと体調が良くなったタイミングの方もいらっしゃるかもしれません。
大切な人が苦しんでいる方もいらっしゃるかもしれません。

私自身も辛い気持ちでいる時間はまだあります。

気力が起きず何もできない日、
苦しさから睡眠に逃げる日、
訳も分からず涙が流れてくる日、

毎日うつ病という病気と向き合っています。

このブログを始めた頃はどちらかというと、
うつ病と「闘う」みたいな意識の方が強かったかもしれません。

なぜ今「向き合う」という意識に近づけているのかというと
抵抗しても無駄だと悟ったんです

私の中で「闘う」という意識に近かった頃は

どうしてこんなに体調が悪いんだ
したいことがあるのにどうしてできないんだ
眠りたいのにどうして眠れないんだ

そんな風に「うつ病」を責めていました。
その前には「うつ病である自分」を責めていましたので
それでも少しは前進したような気がしていたかもしれません。

今「向き合う」という意識でいるのは

気力が起きないなぁ
何もできないなぁ
眠たくならないなぁ、寝過ぎてしまったなぁ

そんな風に「受け入れる」まではいかないかもしれないけれど
ただ感じている、
うつ病の症状なんだということを自覚し受け流している、
病気の中にいることを忘れず、症状として感じている

みたいな感覚かもしれません。

良いことなのか悪いことなのかは置いておいて
時間の経過と休息により起きた私の中の1つの変化です。

eda1a9b791a31a80a3f8450ae6cd9318_s[1].jpg

時間が解決してくれる、
そんな言葉がありますがうつ病に関してはなかなかそれは難しいのかなと
私は思います。

もしも時間が解決してくれることがあり得るならば、
原因から離れる環境を可能とし、適切なカウンセリング、治療を行い続け
理解してくれる人が側にいた上で、ゆっくりを許す自分になれたら、

ここまで整ったら、もしかしたら時間が解決してくれることもあるのかもしれません。

良くも悪くも「病気」なので
それでもきっと絶望するようなことではないんだと思います。

ブログの更新が1ヵ月空いたと前述いたしましたが、
私は記事を更新する時には、自分の中にいるうつちゃんと向き合い、
自分自身の意見を考え、伝えたいという意思を少しだけ奮い立たせて書いています。

これが私にとっては楽しくてたまらなかったりもする訳ですが、
楽しいことでさえも気力が起きない時ってありますよね・・・

自分の考えを文字に起こすことへの気力が起きず、
伝えたいという意思を尊重するまでの余裕がなく、
1ヶ月という期間が空いてしまったわけです。

しかしこの期間も悪いものだと思っているわけではなく、
むしろ書かなくても大丈夫な自分もいる
なんて前向きに捉えたりもしています

ブログに限らず、
うつ病の私にとって必要であれば残り、不必要であれば残らない
という自然現象のような、受け身のような考え方もできるのかもしれません。

だからといってブログを辞めるということは全く考えておらず、
これからもゆっくりにはなってしまうかもしれませんが
日々の楽しみの1つとして続けていきます

これからもどうぞよろしくお願い致します

おまけ

愛亀ちょこさんも毎日元気です
最近ではご飯の時間になると私の手を追いかけてくるようになりました

ご飯を食べると顔がごはんだらけになります。

IMG_0743.JPG

ここまでお読みいただきまして
誠にありがとうございます

1年前に書いた記事はこちらです

ここってどんなブログなの?

全ての記事をまとめた目次もございます

☆目次☆

全ての方に当てはまるわけではありませんが、
少しでも、ほんの少しでも
あなた様のお役に立ちますように

読んでくださり
本当に本当に、ありがとうございました。

ラベル:うつ リクガメ
posted by つまみ at 01:00| Comment(0) | うつ病について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。